松屋銀座が19年新春に売る福袋は「安心」の大ボリューム

松屋銀座は、2019年1月2日の朝9時半から福袋を販売する。2018年5月に開業90周年を迎えたことを記念し「90」にちなんだお得なパックを各階で並べるほか、流行語や時事ネタを絡めた福袋をバラエティ豊かにラインアップ。宝飾・時計サロンでは、フラッシュモブのパフォーマンスでプロポーズを応援する「〜結婚しようよ〜 フラッシュモブでプロポーズ LOVE が満載エンゲージ福袋」を発売。約80 万円相当の商品で価格は54万円(限定3個)。

 「90」に関連する商品は、「安心して下さい!はいてますよ」のネタでヒットした芸人・とにかく明るい安村にちなんで名付けた「安心」のラインアップが充実。トップス90枚入りの大ボリューム福袋「〜安心してください!たくさん入ってますよ〜『オールシーズン対応トップス 90枚詰合せ福袋』」は価格9万円(約15 万円相当、限定1 個)。婦人と紳士のハンカチをたっぷり詰め込んだ「安心してください!ハンカチ90 枚入ってますよ福袋」1万800円(約2万7000円相当、限定5個)や、紳士のコートやニット、マフラーといったカシミヤ商品のみで構成した「『紳士カシミヤ福袋』〜安心してください!すべて日本製ですよ〜」9万円(約27万円相当、限定2個)などを用意した。同店の最高額福袋は、「ロマネコンティ6本セット福袋」972万円で、地下1階の和・洋酒売場で売る。

 18年の初売りで開店前に並んだ客数は約6200人。最も早く売り切れた福袋は「ワイシャツづくし福袋」(1万4500円・限定3個)で、開店後約1 分で完売した。

藤原ヒロシの「モンクレール ジーニアス」19年春夏は世界を飛び回る旅人に着想

モンクレール(MONCLER)」は、世界的クリエイターとのコラボコレクション「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の2019年春夏第3弾として、藤原ヒロシと協業した“7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ”を28日に世界同時発売する。一部の「モンクレール」店舗および公式EC、セレクトショップで取り扱う。

コレクションは“ワールドツアー”がテーマで、世界を飛び回る旅人の着用をイメージした。チェックシャツ(9万円)、パーカ(同)、ステンカラーコート(16万3000円)といったベーシックなアイテムがラインアップの中心だが、どれも折りたたみ可能、超軽量といったアクティブな機能を備える。

旅先で触れる音楽などさまざまな文化を着想源にした点も特徴だ。それらから膨らませたイメージを、藤原の代名詞であるスローガンプリントやグラフィックといったデザインに落とし込んだ。さらにインターシャなどのディテールや、ブラックとブライトカラーといった色のコントラストで都会的なムードを演出しつつ、スニーカーやバックパック、ショッパートートなどのアクセサリーで軽やかなグローブトロッターの装いを表現した。

ファッション ワールド 東京 春併催セミナーに追加講演

リード エグジビション ジャパンが主催する「第6回 ファッション ワールド 東京 春」(3月27~29日、東京ビッグサイト)の併催セミナーで、「ZOZOの最新ビッグデータ活用法」の追加講演が決定した。これを含む全38講演(全て無料)の申し込みを公式ホームページで受け付けている。
「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」のインフラやデータを活用し成長を最大化する手法を、 ZOZOのグループ企業アラタナの揚松晴也営業部マネージャーが語る。
メインイベントの「ファッション ワールド 東京」には、日本製商材の出展が続々と決定している。一流ブランドのジーンズ縫製を手掛けてきた内田縫製(岡山県)によるジーンズブランド「ウチダホウセイ(UCHIDAHOUSEI)」や、世界的俳優らが愛用したメガネの復刻ブランド「タート オプティカル アーネル(TART OPTICAL ARNEL)」、世界で最も美しいブリーフケースを目指す「ブラウデザイン(BLAUDESIGN)」などが加わった。
同展は初出展の220社を加え、世界40カ国から750社が出展する日本最大級のファッション製品展。ウィメンズ・メンズのウエア、バッグ、シューズ、アクセサリーなど今年の秋冬の新作4万9000種を展示し、新商品も多数登場する。展示会期間中は出展社紹介サービスカウンターを設け、出展商材に関する問い合わせ以外に、通訳などの相談も受け付ける。
同展の公式ホームページで招待券(無料)の申し込みを受け付けている。なお、招待券がない場合には入場料5000円が必要。18歳未満の入場は不可。
ファッション ワールド 東京 春
日程:3月27〜29日
時間:10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト
住所:東京都江東区有明3-11-1

フレッシュなサマールックはGapの新作コレクションにお任せ

着る人それぞれの個性やライフスタイルに光を当てる『LIVED-IN(リヴドイン)』を春夏をコンセプトにする、世界的なカジュアルファッションブランドのGap。今夏のコレクションは“ザ アメリカン サマー エクスペリエンス”をテーマに、目映い夏の太陽に映えるオプティミスティックで自由な空気感あるコレクションをラインアップ。Gapらしいアメカジスタイルにレディ要素が散りばめられ、マニッシュだけどどこかエレガントなスタイリングが完成。

カジュアルかつ個性豊かなアイテムが揃ったGapのサマーコレクションの中から、5人のNYLONブロガーが一押しサマースタイルをセルフコーディネイト。前回大好評だったGAP×NYLONのFACEBOOK企画も同時開催するので、お好きなルックを見つけたら「いいね!」をしてトータルコーデをゲットしちゃおう☆

FACEBOOKキャンペーン実施中!「いいね!」をしてトータルコーデをゲット

FACEBOOKで公開中のナイロニスタ5人のスタイリングに「いいね!」をしてくれた人の中から、抽選でトータルコーデをプレゼント! 100「いいね!」ごとに当選者数が1名ずつ増えるので、どんどん参加してね。

(サイズについて)
① XSサイズ(トップ・ボトム:XS、シューズ:7(約24cm))
② Sサイズ(トップ・ボトム:S、シューズ:8(約25cm))
※XS、Sサイズいずれかのセットが当たります。また一部商品のサイズ・カラーが変更する場合があります。予めご了承下さい。
※事前にサイズの指定はできませんので予めご了承ください。サイズについては当選連絡の際にご連絡致します。
※私物を除いたトータルコーデをプレゼントいたします。

オールホワイト+マリンエッセンスの旬なサマースタイル
ファッショニスタなら見逃しちゃいけないオールホワイトコーデ。デニムジャケット&パンツでカジュアルにスタイリングするのがmiho流。ダークトーンのトップス、ベルト、ブーツを散りばめることで引き締まった印象に。

キャップ、ブルーのバンダナ、ゴールドのピアスでマリンスタイルにブラッシュアップ。

タンクトップ¥2,400、デニムジャケット¥7,900、デニムパンツ¥4,900、クラッチバッグ¥3,900(全てGap)、ハット、バンダナ、ベルト、ブーツ本人私物

アーバンガールのリゾートスタイル
ファッショニスタの注目度がサファリ柄はこれ1枚でインパクト大。miyuは白のミニスカートでガーリーにスタイリング。足元はデニム素材のストラップサンダルで夏モード全開! ソックスは合わせず、素足で履くことで都会らしいリゾートスタイルが完成。

主張の強いリゾートアイテムの柄on柄には、淡いブルーのストライプシャツが見事マッチ。

シャツ¥5,900、トップス¥4,900、プリーツスカート※一部店舗限定 ¥6,900、サンダル¥6,900(全てGap)

トーンで遊ぶワンカラーコーデ
kikunoはブルーで統一したボーイッシュスタイルを披露。単調にならないようなトーン選びが重要。アクセントにイエローの細ベルトをプラスすれば、メリハリのあるコーデが完成。足元は素足×スリッポンでこなれた感じに。

淡いトーンのブルゾンは、主張の強いカラートップスをクールダウンしてくれる優れもの。さり気なくプリントされた花柄でおしゃれ度アップ!

トップス※一部店舗限定 ¥3,900、ジャケット※一部店舗限定 ¥9,900、ボトムス¥3,900、ベルト¥2,900、シューズ¥4,900(全てGap)

ガーリーワンピをアクティブに着こなすサマーガール
yuaはフレアが女の子らしいボーダーワンピースに一目惚れ。コーデ全体をモノトーンで統一したら、アクセントにオレンジのジャケットを肩にかけてこなれた感じに。ペイズリー柄クラッチバッグで夏らしさをプラス。

ガーリーなワンピースにキャップ&MA-1をプラスして、今年注目のスポーツミックススタイルへシフト。

ワンピース¥9,900、クラッチバッグ¥3,900(全てGap)、キャップ、ジャケット、ソックス、シューズ、アクセサリー本人私物

甘いカラーは辛いスタイルに投入!
デニムジャケット×ダメージパンツのアメカジスタイル。ボーイッシュになりすぎないよう、alisaはパステルカラーのアイテムをプラス。淡いカラーリングでまとめることで、夏らしいフレッシュな印象に仕上がる。

今年注目のミントグリーンは小物やインナーに取り入れて、さり気なくアピール。ピンクリップ&チッキュなヘアピンでガーリー度アップ!

キャミソール¥1,900、サマーニット¥5,900、デニムジャケット※一部店舗限定 ¥7,900、ベルト¥2,900、デニムパンツ¥9,900、トートバッグ¥2,900(全てGap)、ハット、バンダナ、ベルト、ブーツ本人私物

スタッフブログ 田中

こんにちは バイトの田中です

簡単に自己紹介

スケート歴9年ぐらい、

スポタカ歴3年(2年ぐらいとあいだ空白の1年を挟み、半年ちょいぐらい)

下手の横好きの横乗り好きですが、楽しくスケートしてます!

先日、2週間ほど休みを頂き、サンフランシスコとロサンゼルスに遊びに行ってきました!

って、ことで今回のブログのネタは旅の感想です!

どこから話せばいいのか分かんないんですけど、

行こうと思ったきっかけが、ハロウィンの酔い抜けにアメリカにどうすれば行けるかな?

と、思って調べてみたら飛行機の値段が思ったより安くて、往復6万円であったので、パスポートすら持ってなかったのですが、なにも考えなしに動いてたら、アメリカに行ってました。

我ながらアホ全開ですね。笑

その節はスタッフのみなさんご迷惑おかけしました🙇

初めて海外に出たんですけど、カリフォルニアのスケート環境の良さにびっくりしました。

SFとLAだけかも知れないんですが、自転車をほとんど見なくて、交通手段としてスケートボードや電動キックボード、インラインスケートを使ってる人がめっちゃいて、衝撃を受けましたね。

50歳ぐらいのおっちゃんに良い坂教えてやるよー!みたいに言われて、一緒にダウンヒル下ったりしましたね。

おっちゃんは慣れた感じで坂道に直滑降で突っ込み、カーブ直前20mぐらいパワースライドめちゃくちゃ流してドリフトみたいに横滑りさせながらカーブしてました!

僕はスノーボードで言う逆エッジみたいな転け方を何回もして、でんぐり返ししまくってました。しかも、ほぼ毎日。笑

スケートはもちろんたくさんしたんですけど、今アメリカでやってるmid90sって映画が観るのと、美術館を巡ってきました。

それにしても、僕最近ついてるんですよねー!笑

LAではうちのライダー増田真也にDGKの撮影に連れて行ってもらってマーキスヘンリーに会えました!超絶プロでしたね、何言ってるか半分以上分かってないんですけど、スケートボードで成功する人は、スケートが上手なだけじゃなく、マインドがすごい格好良いのかなと感じました!

痺れましたね!

それに服まで貰えてラッキー✨日本ではまだ取扱ってる店ないと思うんですけど、cashgame要チェックです!

STONER SKATEPLAZAでmid90sの主役の男の子SUNNYが偶然いて、テンションブチ上がりしましたねー!
滑ったあとにみんなで寿司いくんだけどどう?ってKATSUYA君に誘ってもらって、みんなでお寿司食べてきました!

SUNNY顔ちっさー、俺ブサイクすぎてショック。笑

他には

PIZZANISTAってピザ屋でピザを食べてたらEvan Smithが彼女とふらっとピザを買いに来て震えました笑

PEACE見たよ!って言ったらすごい喜んでくれました。彼もまた一流のトッププロらしいすごいいいテンションしてました。

サンフランシスコではGX1000に出てるスケーター数人(名前分かりません)とストリートで滑ってるところにたまたま遭遇して、一緒に滑りました。彼らもまた死ぬほどスケートが上手でした

悔しいことに、リスペクトの気持ちが強すぎて写真撮ってくれなんて、言うと鬱陶しがられると嫌で、それよりも自分のスケートを認めて貰いたい気持ちもあり本気で滑ってると、やっぱり写真を撮る暇もほとんどなくSUNNY以外、誰一人一緒に写真撮ってません笑

今度行ったらちゃんと写真残します笑

スケートショップも色々行きました

サンフランシスコではFTCとDLXskateshopとmission skateshop

LAではLBスケートショップとコートハウススケートショップに行きました

どこもいいスケートショップで、地元のブランドばかり置いていて、いい店作りをしていて、僕たちも見習うべきところがたくさんあると感じました。

FTCは奥行きがあって、壁一面にデッキが飾ってあり、階段もあって、店の作りがスポタカに似てるなーと思いました。

そんなFTCを見習って、僕らも面白いイベントしようと企んでるんで、乞うご期待!!

まとめ

11月頃は飛行機が安く、海外に行きやすい。

カリフォルニアはスケーターにとっては本当に楽しい街。

スケート持ってて、話しかけてくるやつだいたいスケーターかスケートやってたで、だいたいみんな友達にプロスケーターがいてる。笑

英語が出来なくても、行ってしまえばだいたいなんとかなる。

書きたいことはまだまだ山ほどあるのですがそろそろ終わりにします!

お店に遊びに来られた時や、一緒にスケートした時にでも、いろいろ話しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

どこかで会ったら一緒に滑ってやってください!

アホのバイトの田中でした!